whitefox HOME | サーバーとは? | プロトコルとは? | サーバー稼働監視


OSI参照モデル ISO/ITU 7階層 標準ネットワークプロトコル群

プロトコルとは? : 2009.09.14 Monday

OSI参照モデル(Open Systems Interconnection basic reference model)は、国際標準化団体のISOとITUが中心となって定めた、標準的なネットワークプロトコル群の体系・アーキテクチャのガイドラインです。OSI参照モデルでは、多くのプロトコルを機能別に7つの層(Layer)に分類し、それぞれの層では、その層が「何をするための層であるか」が明確に定められています。

・第7層 アプリケーション層
ユーザに対して実際のアプリケーションサービス(ファイル監視、電子メールなど)を提供。

・第6層 プレゼンテーション層
アプリケーションデータ(文字コード、画像データなど)で使用される各種符号化、変換についての機能を提供。

・第5層 セッション層
ネットワークを介してアプリケーションプロセス間のセッションを確立・維持・管理。

・第4層 トランスポート層
上位層に対して透過的で信頼性のあるデータ監視を提供。フロー制御、多重化、エラーチェックなど。

・第3層 ネットワーク層
ネットワークを介して両端のノードでデータ監視をおこなうために必要な論理アドレス、ルーティング機能を提供。

・第2層 データリンク層
隣接するシステム間でのデータ伝送をおこなう。フレームの送受信、フロー制御、伝送エラー制御など。

・第1層 物理層
ネットワーク物理媒体でデータ伝送するための電気的・機械的な仕様について規定。

情報処理技術者試験などでは、このOSI参照モデルがよく出題されるんですよね。それで、「ア プ セ ト ネ デ ブ」と覚えなさいとか、覚えにくい第5層〜第7層を覚えなさいとか、試験対策として覚えている方もいらっしゃるかと思いますが...。






お役立ちリンク
あなたのサーバー動いていますか? |  ログを採るだけで満足? |  イベントログ ツールズ |  Windows Vista/7/2008イベントログ |  SQL Server Express管理 | 
SharePoint 2010 Tips |  Windows Server サポート終了日

ライセンス購入・保守契約
製品購入 |  保守契約 |  FAQ |  お問合せ |  サイトマップ