whitefox HOME | サーバーとは? | プロトコルとは? | サーバー稼働監視


FTP ファイル転送プロトコル IETF RFC354

プロトコルとは? : 2009.09.14 Monday

FTP(File Transfer Protocol)はファイルを転送するためのプロトコルです。FTPは、IETFのRFC354,RFC959で規定され、トランスポート層にはTCPが使用され、制御用にはTCPポート21番が使用され、データ転送用にはTCPポート1024番から65535番の間のポートが使用されます。

FTPサーバーは、Windows 2000 ServerやLinuxなどで構築することができます。FTPサーバーとやり取りするFTPクライアントは、TCP/IPコマンドのFTPコマンドを使用する方法もありますが、フリーソフト(またはシェアウェア)を使用するのが一般的です。

FTPのメッセージには、「制御コマンド」「転送パラメータコマンド」「FTPサービスコマンド」の3種類があります。

●制御コマンド
制御コマンドは、FTPクライアントからFTPサーバーにログオンする際のコマンドや、ログオン後のカレントディレクトリ操作のコマンドです。
コマンド 説明
USER <ユーザー名> ログイン操作時のユーザー名の通知
PASS <パスワード> ログイン操作時のパスワードの通知
CWD <パス名> カレントディレクトリの変更
CDUP カレントディレクトリを親ディレクトリに変更
QUIT 作業を終了してサーバーから切断

●転送パラメータコマンド
転送パラメータコマンドは、ファイル転送(アップロード/ダウンロード)に関するパラメータを設定するコマンドです。
コマンド 説明
PORT <ポート番号> データポート用のTCPポート番号を指定
PASV パッシブモードへ移行
TYPE <コード> データタイプ(A:ASCII, E:EBCDIC, I:Image, L:Local)を指定
STRU <コード> データ構造(F:ファイル, R:レコード, P:ページ)を指定
MODE <コード> 転送モード(S:ストリーム, B:ブロック, C:圧縮)を指定

●FTPサービスコマンド
FTPサービスコマンドは、ファイル転送(アップロード/ダウンロード)の実行や、ファイル操作に関するコマンドです。
コマンド 説明
RETR <パス名> ファイルをサーバーからクライアントに転送
STOR <パス名> ファイルをクライアントからサーバーに転送
STOU ファイルをクライアントからサーバーに転送
APPE <パス名> ファイルをクライアントからサーバーに転送
ALLO <10進数> サーバーのディスク領域を予約
REST <マーカー> マーカー位置からファイル転送をやり直す
RNFR <パス名> ファイル名を変更
RNTO <パス名> ファイル名を変更
ABOR 直前のFTPサービスコマンドを強制終了
DELE <パス名> サーバー上のファイルを削除
RMD <パス名> サーバー上のディレクトリを削除
MKD <パス名> サーバー上にディレクトリを作成
PWD カレントディレクトリのパスを取得
LIST カレントディレクトリのファイル一覧を取得
NLST カレントディレクトリのファイル一覧(ファイル名のみ)を取得
SITE サーバーの設定状況などの情報を取得
SYST サーバーマシンのOS情報を取得
STAT サーバーの動作状態を取得
HELP ヘルプ情報を取得

●FTPリターンコード
FTPリターンコードは、3桁の数値で、1桁目が実行の成功・失敗を表し、2桁目がどのフェーズ(接続、ユーザー認証など)に関係しているかを表します。
(1桁目) 説明
1__ コマンドを受け付け、実行中
2__ コマンドは正常終了
3__ コマンドを実行し、次のコマンド待ち
4__ コマンド実行不可、一次的なエラー
5__ コマンド実行不可。恒久的なエラー

(2桁目) 説明
_0_ コマンドの形式に関係
_1_ 情報の通知に関係
_2_ 接続状態に関係
_3_ ユーザー認証・課金に関係
_5_ サーバーのファイルシステムに関係




【最近の投稿】



お役立ちリンク
あなたのサーバー動いていますか? |  ログを採るだけで満足? |  イベントログ ツールズ |  Windows Vista/7/2008イベントログ |  SQL Server Express管理 | 
SharePoint 2010 Tips |  Windows Server サポート終了日

ライセンス購入・保守契約
製品購入 |  保守契約 |  FAQ |  お問合せ |  サイトマップ